頬骨の整形をするために評判のいい時間をかけて病院を探した

❶頬骨の整形で医師とのカウンセリング
❷術後の腫れが気になりましたけどダウンタイムでどうにか
❸笑顔が出てお化粧も楽しみです

術後の腫れが気になりましたけどダウンタイムでどうにか

医療用のものでもノミを使って削られるというのは緊張しましたが、麻酔をしていたのでわからなかったのが本当によかったです。100パーセント理想どおりになったか、というと、そうではないですが、それでもコンプレックスを少しでも解消することができたのが本当に嬉しかったです。術後に腫れがなかなかひかなかったので、少し時間がかかりましたが、それでも頬のつっぱった感覚を鏡ではあまりわからなくなったのがよかったです。ですが、数年は状態を確認しながら、もし気になることがあったらすぐに診察にきてほしい、と言われました。骨がもろくなってしまい、少し陥没してしまう人や修正したいと考える人などもいるということで、はやめに診察をして、どうしてもというときは手術などをすることもできるということでした。手術の前の診察やカウンセリングのときに、どのようにしたいのか、術後にどんなことがありえるのか、どのくらいまでなら削ってもいいのかをしっかりと相談とアドバイスしてもらえたのがよかったと感じています。ずっと悩み続けていたことなので、思い切って行動してよかった、手術を受けてよかったと思えるようにした、後悔はしたくないということなども伝えていたので、何度も相談をして、思い切って手術を受けたのですが、笑ったときに気にならなくなったのも嬉しいです